Top > ダース・ベイダー

ダース・ベイダー
HTML ConvertTime 0.068 sec.

downloadfile.png

分類ヒーロー
最大HP1650

性能、特徴 Edit

pc.pngps4.pngxboxone.pngクールタイム
1L1LBフォース・チョーク5s
2Yヘビーストライク9.5s
3R1RBセーバースロー6s
ライトセーバー
メイン攻撃。相手をライトセーバーで切りつける。通常兵士を一太刀でキル可能、ヒーローに対しては10ダメージを与える。(基本ダメージ100)
ガード
正面からのブラスター弾および実体弾、ライトセーバーによる攻撃、格闘攻撃(背後からのも含む)を無効化する。
弾き返したブラスター弾や実体弾はそのまま画面中央に向かう為、それによって相手を倒すことや、ヘッドショットを狙う事も可能。ビークルのレーザーキャノンや爆発系の武器は防げない。
ライトセーバーを防いだ場合は相手がよろけるので、この隙にヘビーストライクを仕掛けると良い。
またガードで弾き返す、つまり"跳ね返した攻撃"はルーク・スカイウォーカーでもガードすることが出来ない。もしルークが他のヒーローの近くにいた場合、ヒーローのブラスター弾を全てルークに当て続けることで完封することも可能。
フォース・ジャンプ
ジャンプボタンで空中に飛び上がることが出来る。
飛び上がる速度はルークや皇帝のものより遅いが、普通に走るよりは格段に早いので移動時には積極的に使いたい。
段差に密着すると上手く飛べないので、一歩手前で斜め前にジャンプするとスムーズに段差を越えられる。
輸送船の上に乗るには、フォースジャンプで淵に乗ったらすぐライトセイバーで空振りを複数回繰り返すことで乗ることが出来る。
特性:シスの暗黒卿
周辺の敵の数に応じてアーマーが上昇する。
特性
レベル
名称上昇率到達必要
プレイヤー数
1恐怖+5%初期状態
2怒り+20%1人
3憎しみ+50%3人
4苦しみ+80%5人
2017年01月17日パッチ後 特性の効果範囲を10メートルから15メートルに増加
フォース・チョーク
敵を宙に浮かせ拘束する。射程20m。拘束した敵(オルデラン儀仗兵も含む)は何もしなくても後にキルとなるが、そのまま斬ってもいいし、味方に処理してもらうのもよい。(但し、アドレナリン興奮剤を使用されるとキルできないので注意)
使用中はダッシュが出来なくなる硬直時間がある。
ルーク・スカイウォーカーの数人まとめて吹き飛ばせるフォースプッシュと違い、単独の敵にしか効果が無く、硬直時間も長い。
物陰に隠れられる状況で使用するなど工夫が必要。
その代わり、画面内部に捉えさえすれば問答無用で拘束することが出来るので上空からの敵の奇襲などに柔軟に対応できる。
ヒーローに対して10ダメージ。ガード中のルーク・スカイウォーカーに対してはダメージを与える事ができないので注意。(基本ダメージ100or90×4)
2016/12/6のアップデートで、硬直時間中にライトセーバーを使用可能になった。
2017年01月17日パッチ後 硬直時間中にセーバースローやヘビーストライクも使用できる様になった
ヘビーストライク
×字状に2度、踏み込み切りを繰り出す。ライトセーバーを持つ相手と出し合うと鍔迫り合いが発生。鍔迫り合いに勝つ事で相手に隙を作る事ができる。また、ライトセイバーでのガードを崩すことが出来る。
一度の攻撃で複数回ヒットする性質を持ち、ヒーローに対しては最大で60ダメージを与える。(基本ダメージ600)
画面中央に当たり判定が発生する為、多段ヒットには攻撃対象を画面中央に捉え続ける、またはロックオン機能を使うと良い。
セーバースロー
ライトセーバーを前方に投げる。範囲は直線的だが、離れた敵を一掃できる。射程は38mと長く、若干の追尾性もあるので頼りになる技だが、使うと一時的にガードが出来なくなるので安易にポイポイ投げると痛い目に会う事も。使用は遠距離の敵だけに絞ると良い。戻ってくるセーバーに攻撃判定は無い。ヒーローに対して20ダメージ。(基本ダメージ200)
ルーク・スカイウォーカーのガードを崩せる。

他のヒーローと比べ全体的に移動速度が遅く、攻撃後の隙も大きい。
その代わりガード可能時間は8秒とルークよりも倍長く、体力もルークの1.5倍近い。
とはいえ、単独で敵陣に斬り込もうものならたちまち集中砲火を受けダウンしてしまうだろう。
なるべく前線に長く留まるためにもしっかりと味方と歩調を合わせたり、攻撃を受けにくい屋内などで戦うなど動き方を一工夫しよう。
ガードを多用し、ジャンプして背後を狙ってくる敵やルークスカイウォーカーはフォースチョークでしっかり迎撃しよう。

立ち回り方 Edit

HvVにおける立ち回り Edit

全ヴィラン中トップクラスの攻撃力、防御力、体力とハイスペックであるが唯一、機動力が無いのでジャンプやアビリティを駆使しカバーしていきたい。また他のヴィランと比べバランスが良く、攻めは勿論、守勢も対応でき、戦況を打開(一変)する力が高い。使い方次第ではかなり活躍出来る。その脅威性もあり最初にターゲットにされてしまうこともある。3人のヒーローを相手は流石に厳しいので、皇帝やデンガーと一緒に行動するのが安定。12/6のアップデートにより特性「シスの暗黒卿」が追加され、敵の数に応じてアーマー効果が付与された。これにより、乱戦時においても耐久性が増し、かなりの活躍が出来るだろう。デンガーと共にここぞという時に敵陣に斬りかかるのが以前に比べ容易になった。だが背面を取られないこと、ガードメインの戦闘を踏まえた上で戦っていきたい。この特性の良いところは、「敵の数に応じて」レベルが上がる事にある。ダメージを受けてもレベルが下がることはないので、落ち着いて一人一人を確実に倒していこう。
このモードにおいてメインとなるのが"ガード"。中距離までしか対応できない為、必然的に距離を詰める動きとなる。ヒーローに行き着く迄に無駄な被弾を避ける為にもガードを多用しよう。またヒーローが歩兵と固まっている時は慌てて逃げるのではなく、全ての弾をヒーローに当て続けてみるのも良い。機動力に欠けるため、一度前線に出ると相手を倒しきるまで戦い続ければならない。皇帝のように途中離脱が苦手なので、まず前線に出る前にスローやチョークを用いてある程度兵士の数を減らす、ヒーローの体力を削る等したい。
フォース・チョークは主に兵士やオルデラン儀丈兵に、スローはヒーローに、効率良く使い分けよう。
背面を取られなければ常に優位に戦えるので、乱戦時に回りを気にしないでごり押しで斬りかかるのはあまりオススメできない。最後まで生き残るためにも冷静な行動が求められる。

対ルーク・スカイウォーカー戦 Edit

ルークと対峙した際、近距離戦闘になることが多い。ルークとの距離が近い時はガードしカウンターを狙いたい。チョークはガードされるor硬直が長いので使わない方が良い。当てても10ダメージと通常攻撃と同じ。セーバーラッシュで逃げる時の足止めが効果的。後述のガード崩しコンボを決めていこう。またルークを遠くで見つけた時は、近づかれる前にスローやチョークを使ってある程度体力を減らしておきたい。

対ガンタイプヒーロー戦 Edit

やはりガードがメインの戦闘になる。一度近づいてしまえばこちらのペースで戦えるが、敵の怯み攻撃等過信は禁物。

対ハン・ソロ戦
ソロのラッキーショットからのラピッドファイアが脅威。ラッキーショットはガード不可であったが、アプデにより"跳ね返し"が可能になった。怯み判定、ダメージを防ぐ事は出来ないが、ソロにも同様なダメージを与えることができる。また、上級者向けとしてラッキーショットの光弾をセーバースローで打ち消すことができる。タイミングとして銃口が光った辺り、発射前にセーバーを投げる。放たれた光弾はスローの迎撃が間に合わない。上手くいけばスローで光弾を打ち消し、そのままソロ目掛けてセーバーが飛んでいくだろう。だがスロー、ラッキーショットの軌道とが同じでなければ当然ながら打ち消す事が出来ない。ラピッドファイアは全弾ガード、跳ね返そう。

対レイア姫戦
レイア本人よりも、儀丈兵の動きを注視しよう。チョークで確実に倒すか、儀丈兵の攻撃をレイアに向けて跳ね返すのも良い。儀丈兵の体力は300なのでスロー一発では倒せない。レイアに集中しすぎて後ろを取られてしまわないよう気をつけたい。

対ナイン・ナン戦
タレットの攻撃を全てガード。ナイン自身に返す事でアップグレードをさせないようにしよう。一度アップグレードしてしまうと、ガードし跳ね返しは可能でもボムショットの爆風は防げないので危険。またベイダーの動きが遅いので近接反応爆弾を回避しにくい。近づく迄が厄介だが、一度近づけばナインに怯む効果のあるアビリティは無いので倒すのは容易。

対ランド・カルリジアン戦
ダース・ベイダー、もとい全ヴィラン中一番の脅威。システム障害はクールタイムの早いベイダーにとっては痛くなく、障害の効果範囲内であれば通常攻撃とガードで難なく戦えるであろう。恐ろしいのはパワーブラスト、ショック・トラップ。ショック・トラップは現状、破壊不可能な上、範囲が比較的広い。スタン中はガード出来ないのでこの間に攻撃されると厳しい。そしてトラップ発動中はランドがレーダーに写らないのも地味に厄介。体力が多い分、味方の代わりにあえてトラップに突っこむのも致し方ないかもしれない。パワーブラストは連続スタン、ハメ殺しのイメージがあるが、ガードは可能。跳ね返すこともできるため、連続スタンでダンスの最中でもL2を押しっぱなしでやり過ごす。だがこのスタン中は他キャラの攻撃はガード出来ない。またダメージは受けてしまう(※12/6最新パッチ 以前はダメージも受けなかったが要検証)ランドと戦う際は一対一かこちらにも仲間を引き連れて的を絞らせないようにしたい。近づきさえすれば、ナイン同様容易に倒せる。障害物、遮蔽物を活用し如何にして接近するかが勝利の鍵となる。

対チューバッカ戦
ベイダーキラー。ベイダーにとって一番相手にしたくないヒーロー。体力、攻撃力共にかなり高めであり且つ鈍重という、同性能を持つベイダーにとって勝敗を分けるのは"耐久度"。しかしボウキャスの爆風はガードで防ぐ事が出来ず、グランドスラムも防げない。さらにボウキャスをベイダーの足元かその地面を撃てば跳ね返すことすら出来ず、一方的にやられてしまう。倒しきれてもこちらもそれなりに体力が減ってしまっているケースがよくある。決め手のヘビストも30~40程度のダメージ(チューイの体力1500)と、攻撃力に欠ける。またチューイの性能上単体でいることも少ない。無理に相手せず、ベイダーの優位性を保てるヒーローと戦うのが無難である。

対ジン・アーソ戦
ピストル、ライフル共にガード可能。ソニック・インプローダーは10ダメージ以下(アーマー効果、爆発位置によりダメージ量が変動)と痛くはないが、アーマー低下の効果がベイダーの特性を一時的に無効か低下させてしまうため、ピストル、ライフルの銃撃を高火力で受けてしまう。この点には注意したい。ジン最大の魅力であるバトンだが、ダメージは平均6。そしてまさかのガード可能であり、ガード中は、背面含む360度防ぐ事が可能。怯み判定のアビリティを持たないので現状、一番戦いやすい。

技やコンボ Edit

セーバー・キャンセル(硬直回避)
アビリティの硬直を通常攻撃でモーションキャンセルして隙を減らす妙技。タイミングとして同時にボタンを押すのではなく、早すぎず遅すぎず絶妙のタイミングが必要。ヒーローバトル等で練習してみると良い。

・ チョーク・キャンセル
【L1→R2】(PS4)
フォース・チョーク発動後のガッツポーズ(長めの硬直)を通常攻撃でキャンセル出来る。ボタンの配置の関係上比較的成功しやすい。
通常攻撃のダメージ判定もあり、ヒーローに対して「チョーク10+通常攻撃10=20」のダメージを瞬時に与えることが出来るので止めの一撃などに効果的。ただし硬直自体は残っており、キャンセル攻撃後に若干の硬直がある。あくまで"チョークの硬直中に1回分通常攻撃"をする程度あり、その硬直自体かなり長めであることがよく分かる。対ルークは、チョーク自体ガード可能なのでチョーク・キャンセルもガード出来る。使い勝手は悪くないが多用は禁物。空中でも発動可能だがあまり意味はない。

・ スロー・キャンセル
【R1→R2】(PS4)
セーバースローは、"セーバーが戻って来るまで時間"が隙であり硬直自体はない性質上、チョーク・キャンセルと違いこちらは"発動時に通常攻撃のダメージを上乗せ"する。ヒーローに対し「スロー20+通常攻撃10=30」と高ダメージを与えることが出来る。ただし上乗せといっても見えないだけで実際は通常攻撃もしているので、通常攻撃の攻撃範囲内でなければ上乗せされない。通常攻撃モーションでライトセーバーだけ飛んで行くので見た目は少し変。対ルークにおいて、ガード中のルークにスロー・キャンセルすると、ルークとの距離?(要検証)によって判定が安定しない。スローより通常攻撃の判定が優先され、ベイダーも怯んでしまい、怯み中にセーバーが飛ぶこともある。有名なコンボとしてスロー→ヘビーストライクがあるが、一応スロー・キャンセルからもヘビーストライクのコンボは可能。ルークだと最大85ダメージ、スローをガード崩しに利用した場合、最大70ダメージ。他のヒーローだと最大90ダメージ。空中でも発動可能、勿論あまり意味はない。

・ スタン・キャンセル
【ブラスター弾着弾時(スタン前に)+R2】
レイア姫のトルーパーベイン、ハン・ソロのラッキーショットの怯みを通常攻撃でキャンセル出来る。タイミングとして着弾時と同時に通常攻撃。ダメージは食らうがどのみちガード出来ないので使い勝手は良い。

※上記のキャンセル技は通信状況、ラグ、マップの地形によって出来たり出来なかったり、ダメージ量も変動します。あくまで小ネタ程度の認識でお願いします。

コンボ
・ガード崩しコンボ
セーバースロー>ヘビーストライク>フォース・チョークor通常攻撃
〔最大ダメージ ルーク約85 他のヒーロー90〕

・ガード崩しコンボ(キャンセル応用)
スロー・キャンセル>ヘビーストライク>チョーク・キャンセル
〔最大ダメージ ルーク約104(実数約1196ダメージ。ルーク体力値1150)他のヒーロー 110〕

・カウンターコンボ
ガード>硬直中にヘビーストライク>フォース・チョークor通常攻撃
〔最大ダメージ ルークに対し約62〕

エモート一覧 Edit

pc.pngps4.pngxboxone.png動作セリフ
F1腰のベルトに両手をかける「やるな、そうこなくては」
F2ライトセーバーを振る「ここがおまえ達の墓場だ」
F3左拳を突き出す「ダークサイドの力を感じるのだ!」

ゲーム内映像 Edit

モデル紹介 Edit

その人生は、正にジェダイの予言にある「フォースにバランスをもたらす者」を体現した者であった。なお、スター・ウォーズ・シリーズでジェダイおよびシスの中でも(単純な戦闘能力に限って)最強のフォースの持ち主とされるのは、彼であるとのことである。
シスに堕ちる前の若きアナキン・スカイウォーカーはタトゥイーンで奴隷の息子として育った。
運命の悪戯か、パドメ・アミダラを連れて通商連合の追撃を逃れたジュダイマスターのクワイ・ガンによりフォースの才能を見出され、オビ=ワン・ケノービのパダワンとなった。
以降は、オビワンのもとで才能を開花させ、二人でクローン大戦を戦い抜く。若さゆえに増長しがちな所も有り、その面を度々オビ=ワンにも指摘されることがあった。
妻パドメ・アミダラが死の運命にあるという予知夢を見た後は、妻を救う力を得たいと願うあまりにシスの暗黒卿ダース・シディアス(パルパティーン/後の銀河帝国皇帝)の甘言に屈し、ジェダイの騎士メイス・ウィンドゥの殺害に手を貸してしまい、引き返す道を絶たれた状態でシスの暗黒卿へと転向して「ダース・ベイダー」という名前を与えられた。
ジェダイ殲滅作戦であるオーダー66によって数多くのジェダイが殺害された後、生き延びた彼のマスターであるオビ=ワン・ケノービとはムスタファーで激しい戦いの結果敗れる。
その後ダース・シディアスによって助けられ、生命維持装置であるスーツを装着させられた後に、愛するパドメの死を知らされ完全にダークサイドへと屈服することになる。
皇帝の片腕として反乱軍や残党のジェダイを次々と手に掛けていき銀河に恐怖と支配をもたらした。
日本語字幕の名前の表記は当初「ダース・ベイダー」であったが、近年は「ダース・ヴェイダー」が使われている。

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • ランカス消えたしかなり強くね?(小並感 -- 2017-01-18 (水) 05:06:14
  • ベイダーVSハンソロ、レイア、ナインナンで
    勝てたぞw
    アーマー強すぎてわらう -- 2017-01-23 (月) 21:08:25
  • ルークに切られる時の怯み時間が伸びたっぽい。
    なお怯んでいてもガードはできる模様 -- 2017-01-23 (月) 21:09:40
  • こいつ特性MAXだとHP2970っておかしいでしょ -- 2017-01-23 (月) 21:38:09
    • Maxにするには立ち回りにコツが必要だな。 -- 2017-01-23 (月) 21:51:32
      • そういや、ベイダー以外にも言えるんだが、クレニック長官の特性みたいにヒーローは2人分になるのかな? -- 2017-01-23 (月) 22:23:40
      • ヒーロー二人分になってたぞ -- 2017-01-23 (月) 22:47:31
    • HPは実質増えんが、アーマーが上がる訳だから、こいつと対峙する時はソニプロとかアーマー低下系の武器が必須になりそう。自分はやられても他の人に希望を繋ぐ的な感じで、皆で協力して倒そう! -- 2017-01-23 (月) 23:35:58
      • そう考えるとジンも有能? -- 2017-01-24 (火) 22:01:21
      • そう考えなくても有能!サージに怯み追加されたっぽいからね。 -- 2017-01-24 (火) 23:03:33
  • 「泣いても無駄だ!」がちょっとかわいい 反乱軍は泣いてんのか -- 2017-04-05 (水) 11:39:13
    • 足掻いても無駄だ じゃないの -- 2017-04-05 (水) 13:06:14
  • ルークもそうだけど、たまにガード不可になるのはバグでしょうか
    (ガードモーションは行われてるがタイムゲージが出ない時がある) -- 2017-05-10 (水) 12:51:29
  • ルークもそうだけど、たまにガード不可になるのはバグでしょうか
    (ガードモーションは行われてるがタイムゲージが出ない時がある) -- 2017-05-10 (水) 12:51:29
  • フレンドが買って一緒にやってたらヴェイダーに興奮して自ら斬られに行ってるんだが・・・確かに気持ちはわかるわかっこいいからな -- 2017-06-22 (木) 11:52:27
  • ベイダーになって前線上げしてたら敵がみんなでTL-50のセカンダリ撃ちまくってきてビビった…跳ね返せないんだから止めてくれよ(絶望) -- 2017-07-28 (金) 06:23:55
  • 映画媒体誌とかでも、首絞めはフォースチョークになったのね
    フォースグリップのが格好良かったのになぁ -- 2017-08-15 (火) 14:35:10
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White